世界中の人たちがみんな楽しく幸せに暮らせるそんな日がきますように

YOKO KIRWANさん 

ディレッタント



オランダ在住のヨーコさんは、旅が大好き。

景色だけでなく、そこに暮らす人たちが作り出す空気感を求めて、42の国60以上の地域を訪れました。 旅先では自分の感覚に正直に、ハプニングさえも鷹揚に楽しみます。


たとえば、フィンランドのヘルシンキ。

暗く厳しい冬の寒さの中でも、街は人々の笑顔であふれていました。

キシリトールのような清涼感のある、そんな自由な空気を感じたそうです。



旅は私の心を自由にしてくれる。誰かの自由の妨げになることのない清潔な自由。


好きな事だけして暮らしていても、それはそれで私には退屈だと思う。

がんじがらめの日常生活の中で気分が落ち込みそうになっても、自由な心を持てば明るい気持ちの中で暮らしていけるのではないかな。



旅のスタイルは生き方を反映するものです。

世界の果ての旅路でも楽しむことを大切にするヨーコさんは、 なんでもない日常の中で蝶ネクタイを楽しむ人でもあります。



ーヨーコさんにとって蝶ネクタイとは?



素敵な蝶ネクタイって見てるだけでも楽しくて、着けてみるとまるで蝶になった気分。

想像力を自由に羽ばたかせてくれる。

女性はとくにファッションとして自由に楽しめばいいと思う。色柄の蝶ネクタイとトップスを合わせたり、アクセサリーやスカーフと組み合わせたり。


蝶ネクタイって楽しい気分にさせてくれるのよね。みんなが楽しいと、もっと楽しくなる。

世界中の人たちがみんな楽しく幸せに暮らせるそんな日がきますように。