お客さまを迎えいれる10分前のルーティーン


四季 なか村 店主 中村真規さん






中村さんは三重県のご出身。中学生の頃から料理の道をこころざし、お母様からオーブンをプレゼントされたという筋金入りの料理人です。京都の一流店で腕を磨き、2015年に独立して「四季なか村」をオープンされました。

ご実家でとれた柑橘類や野菜、お米に旬の食材をセンスよく取り合わせた上品な京料理。朗らかな中村さんのお話も楽しく、和やかな雰囲気でとても美味しいお料理をいただけます。


中村さんは白衣に蝶ネクタイ姿でお店に立たれています。

よくお似合いですが、独立されてからですか。

5年前のオープン当初は

僕はお客さまが来られる10分前に白衣を着ます。それまでは普通にTシャツでずっと仕事してるんです。そこで、気持ちを入れ替えるというか・・・。

もちろん、それまでの仕込みの段階でも、いろいろ十分に気を配ってやっています。

でも、お客さまを迎え入れるにあたって、もう一度さらに気を引き締めるという意味で蝶ネクタイをつけるんです。